犬がつまみ食いで食べてはいけないものを食べた!対処方を解説!

7564-00013-1

一昔前ではお庭につながれて飼われている「室外犬」が主流でしたが、現在では室内犬の数が圧倒的に多いですよね。

その分、家の中にある物を誤飲してしまい、その処置で動物病院に来院される方は多くいらっしゃいます。

最も危険な時間帯が夕食時。いい香りに誘われて、ついついパクっとつまみ食いしてしまうのはお父さんだけでなくワンちゃんも同じです。

しかし、気をつけなければいけません。人が食べる食材の中には、犬にとっては有害なものが多数存在します。

犬にとって有害な食材とは?

犬に食べさせてはいけないもので有名なのは、玉ねぎなどのネギ類・チョコレートです。

そのほかにも、干しブドウやレーズン・ナッツ系・生の豚肉などがあります。
これらの食材は全て中毒症状を引き起こす大変危険な食材なのです。

誤って食べてしまった時の症状として、

ネギ類
血尿・心拍の増加・胃腸障害など

チョコレート
不整脈・痙攣・発作・嘔吐など

干しブドウやレーズン
嘔吐・下痢・腎不全など

ナッツ系
嘔吐・高熱・ふるえなど

生の豚肉
トキソプラズマという寄生虫の感染症などがあります。

すぐに処置を行えば大丈夫!

食べてしまってからまだそんなに時間がたっていなければ、吐かせる処置を行えばひとまず安心です。
ただし、誤飲したものによっては吐かせてはいけないものもあります。

先のとがったものだと吐くときに食道などを傷つけてしまう危険があります。また、薬品などは吐かせてはいけないものもあるので、いずれにしても動物病院へ連絡して確認することが必要です。

吐かせる処置として、使用するのは「オキシドール」です。薬局などでも手に入るものです。

オキシドールは、3%溶液のものを使います。市販のものだとだいたい3%溶液のものが売っているので、よく確認して購入します。

食べてから1時間以内でしたら、オキシドールを使って吐かせましょう。飲ませる量は体重当たり1~2mlなので、飲ませる前に犬の体重を測って計算します。飲ませる方法は、スポイトやシリンジ(注射器の針がついていないもの)にオキシドールをいれ、犬の口の脇から入れて飲ませます。

すごく嫌がるし、暴れるし、ブルブル首を振ってオキシドールを飛ばします。抑えている人、飲ませている人ともにびっちょびちょになります。

無事飲ませ終わったら、犬が吐くのを待ちます。10分ほど様子を見ても吐かない場合はもう一度オキシドールを飲ませてみます。2~3度繰り返しても吐かない場合は中断して動物病院へ行きましょうね。

オキシドールを飲むと、胃酸と反応してブクブクと泡状になり嘔吐へとつながります。オキシドールを飲ませた後は何度か吐くので、ペットシーツを持っていつ吐いてもいいようにスタンバイするといいですね。

吐き終えたかな?という頃を見て、嘔吐物を確認します。全て出ていればOKです。
オキシドール自体に害はありませんが、吐くことによって胃が荒れてしまったり、脱水状態になってしまうこともあります。

よく様子を見て、安静にさせましょう。

体重や、器具などの準備、抑えて飲ませることも相当困難だし、脱水の処置として皮下点滴をしてもらったほうがいいので、食べてしまったらすぐに動物病院へ行くことをおすすめします。

常習犯のワンちゃんでしたら、器具をあらかじめ用意しておくといいですね。吐かせた後もお水をたくさん飲ませましょう。

動物病院で実際にあったお話

動物病院の診察時間がまもなく終了を迎えようとする午後7時ごろ、電話が鳴りました。

「うちの犬が、ハンバーグを食べてしまいました!ハンバーグに玉ねぎが入っているので、心配で・・・」

ワンちゃんの状態は元気だということでしたが、すぐに来院してもらうことになりました。

上記の通り、オキシドールでの処置を施しました。あまり時間をかけることなく、すぐに何度も嘔吐してくれました。

お皿の上に合ったハンバーグ1つ分相当を吐ききって、皮下点滴を行って無事帰っていきました。

ニコニコ顔?な元気なワンちゃんに、ご家族もほっと一安心。その時ワンちゃんの保定をしていた私も一安心。

ただ、しばらくハンバーグはいらないかな・・・と思ったひと時でした。

著者:ユッキーナ/女性
4年間動物病院の看護師として勤務。家族全員が動物大好きで、動物のいない生活は今現在でもありません。

《 2017年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!


★最新情報を無料メルマガでお届け★
犬猫ケアの最新情報をお届けしております!是非ご登録くださいませ^-^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です