グレインフリーのドッグフードが選ばれる理由

[最終更新日]2017/06/22

最近、グレインフリーという言葉が注目されています。

グレインフリーとは穀物不使用、という意味ですね。ドッグフードとグレインフリーが今一つ結びつかない方は、製品表示を見て頂きたいと思います。

実はドッグフードの中で穀物類はかなりのパーセンテージを占めています。グレインフリーとはこうしたこれまでのドッグフードの認識を一変させる画期的な考え方です。

では、どうしてグレインフリーが良いのでしょうか?

穀物アレルギー対策

犬の食物アレルギー、一番多いのは穀物アレルギーと言われています。
というのも、犬は本来肉食のため、炭水化物を消化する酵素アミラーゼを持っていません。

そのため、炭水化物、特に穀物類を消化することが苦手なのです。消化分解されない食物はアレルギー物質として反応されやすいですね。
ですから犬には穀物アレルギーを持っている子がとても多いのです。

穀物アレルギーの犬が穀物を摂取している場合、目やにが多くなったり、お腹を壊したり、毛が抜けたり、皮膚炎になったりします。
皮膚に赤い湿疹が出ることもあります。犬は痒い場所を噛むので、もっと可哀そうな状態になったりします。
しかし、もっと可哀そうなのは、飼い主さんが愛犬が穀物アレルギーになっていることになかなか気づいてくれないことです。

「皮膚が赤くなっている、ダニかな?」「うちの子、目やにが出るのよね」という感じで症状には気づいてもらえても、
その原因がドッグフードにあるとは分かってもらえないことが多いのです。

実際、グレインフリーのドッグフードに変えてから、犬の不調が無くなり、犬が穀物アレルギーだったことに気づくということもあります。

グレインフリーのドッグフードとは?

グレインフリーのドッグフード、世界的にはすでに常識です。

日本はこの面で出遅れている感は否めませんね。
では日本で手に入る人気のグレインフリー、ドッグフードはどんなものがあるでしょうか。

・アーテミスのオソピュア
穀物、獣肉不使用なのでアレルギーのある犬でも安心して食べられます。

・オリジン
オリジンのドッグフードは穀類不使用に加え、肉類が80%、フルーツや野菜を20%配合したとても健康的な商品です。

・カナガン
グレインフリーで、お肉たっぷりに加え添加物が一切入っていない愛犬に嬉しいドッグフードです。

愛犬の健康と元気のためにグレインフリードッグフードに切り替えるのはいかがですか?

【 おススメ! 話題のトピックス!】

【 特集 】 犬猫の食糞・臭い・口臭でお困りの飼い主様は必読!

犬用サプリ

犬猫の食糞・臭い・口臭、直らないと諦めている飼い主様は是非チェックしてくださいね。腸内の環境が悪化している事が多いため、早めにケアをしてあげることで長生き・健康へ繋がります。

《 2018年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!


★最新情報を無料メルマガでお届け★
犬猫ケアの最新情報をお届けしております!是非ご登録くださいませ^-^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です