ペットローンの審査基準とスルガ銀行の特徴 – 通らない原因を解説!

[最終更新日]2018/08/21[公開日]2017/12/20

ペットが急に入院してまとまったお金が必要になってしまったと困った経験はありませんか?

今回は、ペットに関するお金で知っていると嬉しい「ペットローン」について説明します。

審査の基準や審査に落ちた・通らない原因、人気の高いスルガ銀行の特徴を解説いたします。

ペットローンと聞くと、ペットを購入する時だけ組むものと思っている方、実はペットに関する事なら様々な場面で使用できるローンの種類なのです。詳しく知って、今後の参考にしてみて下さいね。

ペットローンで人気が高い銀行 – スルガ銀行とは?

ペットローンは様々な銀行が販売している商品です。
今回は、中でも人気が高く、利用者の多い「スルガ銀行」のペットローンについて説明します。

スルガ銀行のペットローンは、10万円~800万円まで利用できるローンです。

その借りたお金でペットの購入や、入院・手術,通院費用などの高額な治療費、日常でかかる費用まで幅広く使用できます。

忙しくてスルガ銀行まで申し込みに行く時間が無いという方でも、スマホやパソコンがあれば、来店しなくてもWEBで24時間申し込みが可能です。

急に手術が必要になったという場合でも、直ぐに申し込むことができますね。

申し込みが出来る年齢は20歳~65歳未満で、完済時の年齢が70歳以下の方に限られています。
また、安定した収入がある事が条件ですので、審査の結果でローンを組めない事があるかもしれません。

利用金利は年7.0%~11.0%です。
金利は利用限度額の違いによって適応される金利が大きく変わります。

また、スルガ銀行では、返済シミュレーションがホームページ上で簡単に行う事が出来ますので、もし急にペットのためにお金が必要になった際はどれくらいの金額を借りると月々の返済がいくらになるのかを算出できます。

こちらも是非参考にしてみて下さいね。

審査の早い、キャッシング

カードローン

そもそもローンの定義って何?

ローンというのは銀行からお金を借りる事の銀行が付けた商品名です。

用途がきっちり決まっている物を目的別ローンと言って、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどがあります。

蓄えていたお金だけでは一度に支払えないような高い買い物をする時に、毎月決まった額を借りた金額に金利をプラスして銀行に返済していく仕組みです。

カードローンもローンの1つですが、カードで支払うものは使い道が定まったものではなく、どんな使用方法をしてもかまいません。

ペットローンってどんなローン?

ペットローンは目的別ローンの一つで、ペットを飼育していくためにおいてまとまったお金が必要な時に組むものです。

そのペットローンが必要になるのは主にペットを購入する時だけと思いがちですが、飼育している際の大きな手術が必要になった時や、病気の通院・治療、商品によっては月々のペットサロン代などにも利用できる、ペットを飼う上で非常に役に立つローンの1つです。

ペットの手術や入院費用は動物病院によって金額設定は異なりますが、骨折などでは手術と入院費を含めて最低20万円~、がんの摘出手術や抗がん剤の治療が必要になると30万円~と、非常に高額になります。

家族同然の犬には、値段が高いからと言って手術を見送ろうなどと考えたくありませんよね。

突然数十万支払えというのは難しくても、ペットローンを組めば月々の支払いがぐっと減り、犬の治療の選択肢を増やしてあげられるかもしれませんね。

ペットローンの審査基準

ローンを組むのは、審査が必要です。

このローン審査では、基本的にどのローンでも複数の項目を審査して総合的に評価します。
いくつかある項目のうち、重視する点がローンの種類によって異なってきます。
その主な項目をあげると、収入,職業,雇用形態,資産,他社からの借り入れの有無などがあります。

1つずつ詳しく見て行きましょう。

収入

年にどれくらいの収入があるかという事は、どれだけ返済が可能かという審査に直結します。
収入が多ければ多いほど、銀行から借り入れる事が出来る限度額は高くなります。
反対に収入が不安定だったり収入が少なかったりするほど、ローンの審査が厳しくなります。

職業

どんな職業についているかという事は、今後返済していく上でとても重要視されます。
一般的に安定的な職業の方が信用は高くなり、公務員や大手上場企業の方がローンを組みやすいとされています。
パートや日雇いなどでは、ローンを組むのが難しいかもしれません。

雇用形態

正社員と非正規社員では、会社の保証が変わってくる他に給料も違ってきます。
また、退職金があるかどうかも銀行からの借り入れた金額の返済能力の1つとして審査されます。

資産

もし借りたお金の返済が困難になった場合、代わりとなる差し押さえが出来る預金や不動産の事を言います。
住居についても持ち家か賃貸かで月々の支出が変動しますので、審査項目の1つとなります。

他社からの借り入れの有無

どこの金融機関から、何を目的とした借り入れを行っているかも調査されます。
月々の支出に関わる重要な項目で、内容によってはローンが組めない場合もあるかもしれません。
延滞や滞納などが合った場合はますますローンを組むことが難しくなります。

住宅ローンを組む場合は、借り入れる金額が非常に高いので、総合的に審査基準が厳しくなります。

ペットローンの審査基準も気になるところですね。

そのペットローンの審査基準ですが、審査はそれなりに厳しいと思っておいた方が良いでしょう。

ペットローンの審査に通らない方の特徴

安定した職業についていない場合や、既に他社からの借り入れがある場合は要注意です。

銀行や消費者金融と言われる金融機関でお金を借りているという情報は、信用情報機関という場所に登録されていますので、提出書類でごまかそうとしても、後々に判明してしまう事も覚えておきましょう。

ペットローンで審査に通らない方の特徴をいくつか挙げておきます。

1、安定した収入がない無職・学生
2、年齢の条件から外れている
3、他の金融機関からの借り入れがある
4、自己破産をしている
5、クレジットカードで長期延滞をしたことがある

などです。

上記に該当がある人は、一つでもクリアをした状態でペットローンを申し込む事が重要となります。
1~3は事前にクリアが可能な項目でもありますのでご参考いただければ幸いです。

ペットローンの唯一の銀行

●関連リンク
初めてペットローン

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 1 reviews
by たまよ on ペットローン

ペットローンの仕組みが具体的に分かり、勉強になりました。
銀行の場合は安心ですし、メリットが高そうですね。
検討をしていきたいと思います。

有難うございます。

《 2018年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!

この記事は、ノミダニグッバイ編集部が作成を致しました。パート獣医師・愛玩動物飼養管理士(1級)・犬猫のペットオーナーの監修の元、記事制作を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です