犬の白内障に予防効果のある食べ物を知って免疫力を高めよう!

[最終更新日]2018/06/07

犬が白内障にかかる原因は様々ありますが、最も多い大きな原因としては下記の3つが挙げられます。

1.糖尿病の症状の一つで白内障になる
2.水晶体の中のたんぱく質が酸化し白く濁る
3.目に傷を負ったことが原因で白内障になる

下記にて、具体的な予防方法を一つづつ解説していきます。

具体的に白内障予防になる食べ物は??

犬の白内障を予防するためにはビタミンを含む食品を食べさせてあげる事が最重要です。

ビタミンEは、うなぎやたらこなどの魚介類や、アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類に多く含まれています。

おやつとして、アーモンドやピーナッツを食べさせる習慣を付けることがおススメです。

fotolia_113915136_xs-min

ナッツ類を食べないワンちゃんへは、ご飯にモロヘイヤを取り入れてあげるのも良いです。

モロヘイヤもビタミンEを豊富に含んでいます。

ビタミンCは、パセリ、大根、ピーマンなどの野菜から摂取することが効果的で理想と言われています。

こちらもご飯に混ぜてあげることで食べやすく工夫が出来ます。

また人間の白内障予防と同じで、ルテインを含んだ食品のブルーベリーやほうれん草も効果的です。

最近は犬用のブルーベリーサプリも販売されていますから、グンとお手軽に食べさせたげることができるようになりました。

このように白内障予防に良い食べ物は沢山あるのですが、手作りや、ひと手間が掛かる為飼い主への負担も非常に大きいものとなってしまいます。

ブルーベリーサプリを活用する
抗酸化サプリで予防&栄養素を補う!

抗酸化・抗炎症作用のある、ブルーベリーやルテインを含む犬用サプリメントを与えることで、白内障の予防が可能です。
サプリメントは比較的安く購入が出来るので非常に効率の良い予防法です。

下記の国産・獣医師推奨のアイケア「毎日愛眼」は評判も良く、価格も安いためおススメです。

毎日愛眼

より詳しい解説はこちら >>>

白内障の予防にはビタミンが不可欠!

一番多い原因、「糖尿病」による白内障は、食生活を見直すことで予防が可能です。

眼はビタミンを常に大量に必要としている為、不足することで視力の低下や白内障を引き起こすと言われています。ビタミンには抗酸化作用があり、血液の循環もよくしてくれる作用があるので白内障予防に効果的なのです。

しかし、一般的なドッグフードや缶詰ではビタミン・酵素・乳酸菌は補給できないのが実情ですよね。

そこでおススメなのが、「モリンガ」を含むサプリメントです。
モリンガは「薬箱の木」とも呼ばれ90種類以上の良質な成分を含み、目に良い成分が豊富なのです。

上記のモリンガ成分表を見ると一目瞭然ですが、「ビタミンA」はニンジンの4倍、「ビタミンB2」はウナギの2倍も含まれています。

さらに、「ビタミンC・E」も含まれており、モリンガだけですべてのビタミンが補給できるといっても過言ではありません。

特に、「ビタミンA」は網膜と密接で、視力低下や白内障など目の病気を防ぐと言われています。

実際に、モリンガの葉を摂取しビタミンAの栄養を改善した場合、白内障の発症を防ぎ・進行を遅らせれたという研究データも公表されています。

このモリンガを贅沢に配合した犬用のサプリメントが下記の「aikona(あいこな)」です。

「aikona(あいこな)」の公式サイト
より詳しい解説はこちら >>>

「aikona(あいこな)」は多くの獣医が推奨しており、愛犬家に話題の完全国産サプリメントです。
また、モリンガ以外にも下記の6つの特徴的な成分が含まれています。

モリンガが含まれている上に、1回分が70円と低価格な犬用サプリは「aikona(あいこな)」以外にはありません。

使い方もドッグフードに一振りするだけの手軽さですので煩わしくない点も評判が良いです。

繰り返しになりますが、ワンちゃんの白内障予防は日々の生活・食事が重要です。

愛犬の眼と健康を守りたい飼い主様には是非お勧めのサプリメントです。

「aikona(あいこな)」の公式サイト
より詳しい解説はこちら >>>

しかしながら、一般的なドッグフードは高熱処理の為、ビタミン・酵素・乳酸菌は製造過程で消滅してしまっているのです。

ドッグフードでビタミンを与えてあげたいとお考えの飼い主様には、下記の「ナチュロル」がおススメです。低温製法により、日本初の高濃度ビタミンを含有した唯一のドッグフードとして人気が高まっています。

ナチュロル

飼い主の食べ物選びが全てを左右します!

ワンちゃんに安価なドッグフードをあげている場合は要注意!

人間も同じ、お腹いっぱいになれば一緒と毎日即席ラーメンや菓子パンばかり食べていると栄養不足、糖尿になるのと一緒です。

手作りで良質のたんぱく質とビタミンを含んだ食事が理想です。時間がなく難しい方は信頼できる良いフードを選んであげましょう。良いドッグフードは犬の体の免疫力を高め、肥満を防ぎ、白内障・糖尿病予防につながります。

手作りが難しい場合は、ドッグフードを見直す

ワンちゃんのメイン食事としてドッグフードを食べさせているご家庭も非常に多いかと思います。

食事は体の基礎とも言われていますが、本当にその通りで、食事により健康状態は大きく左右されるものです。

上記で紹介したような、ビタミン全般を手作りで摂取するには毎日毎日大変な労力が掛かってしまいます。

そんな飼い主様には、ドッグフードを見直し、良質なビタミンを簡単に補給させてあげる方法がおススメです。

プレミアムドッグフードで解決!

近年、白内障予防としても愛犬家の間で人気が急上昇しているプレミアムドッグフードをご存知でしょうか。

良質なビタミンとバランスの良い栄養素を含んでいる為、白内障予防・長生きに必須のフードとして購入者が急増しています。

ドッグフードの食い付きや相性などが心配の飼い主様が多いため、下記の2つのフードでは食い付き確認用のお試し100円を実施しています。

どちらも人気が高く信用できるフードですので、まずはお気軽に一度お試しくださいませ。

手作りで良質のたんぱく質とビタミンを含んだ食事が理想です。時間がなく難しい方は信頼できる良いフードを選んであげましょう。良いドッグフードは犬の体の免疫力を高め、肥満を防ぎ、白内障・糖尿病予防につながります。

犬の白内障予防のまとめ

傷など外傷は仕方がないとはいえ、たんぱく質の酸化や糖尿病は飼い主さんがある程度気を付けることで予防していくことができますね。
糖尿病の主な原因は肥満です。栄養はあるけどカロリーは低い食事と運動で肥満を防いでください。
また抗酸化作用のあるものを食べさせてあげることで酸化を防げます。

嗅覚がすぐれている犬、でも犬にとっては視覚もとっても大切です。
犬はちゃんと人の表情を見ているんです。
飼い主さんが喜んでいるか、怒っているか、邪魔してはいけないときか、甘えてはいけないときか、しっかり飼い主さんの視線や表情を見て判断します。

でも、白内障などになってぼんやりとしか見えなくなると犬の世界は変わってしまいます。不安になるし、孤独を感じます。そして、一気に弱っていく犬も多いのです。
年を重ねて衰えていくのは仕方のないことですが、できることなら白内障など予防してあげて、元気なまま一緒に年を重ねていきたいですね。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 1 reviews
by ゴンタ on 犬の白内障予防

12才になるフレブルを飼っています。白内障が進行してきたので、ブルーベリーサプリメントをあげるようにしたところ、穏やかですが進行が遅くなっている印象があります。ビタミンが良いとわかったので、ドッグフードも変えてあげようと思います。

《 2018年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です