犬がウンチ食べるのは何故?留守番中に多いの犬の年齢が原因?


犬には糞を食べる食糞という習性があります、特に子犬の頃に非常に多く見られる行為ですね。

いくら犬の習性だからといって食糞によって犬自身が病気にかかってしまう事もありますし何よりも可愛い愛犬が食糞をする姿なんて見たくありませんよね!

では犬が食糞をしてしまう原因にはどのような理由があるのでしょうか?

犬の食糞の原因は?

犬の食糞の原因は大きく分けて、犬の行動パターンと普段食べているフードと何らかの病気が考えられます。

犬の行動パターンが原因の場合

食糞は主に子犬にみられる行為なのですが、
犬は排便後、自分の便の匂いを嗅ぎ、食べようとします。
その時に飼い主が、大声を出したりそわそわと動き回ったりすると
食糞が飼い主の注意を引いた!かまってくれた!!と勘違いの学習をするのです。
また、子犬の時はトイレのしつけが不十分なので、
サークルやケージの中で過ごす時間が多い事と、
排便の回数自体も5~6回と多い為飼い主の知らない間に排便をして
その便が気になって食糞をすると言う事があります。
さらに愛犬が食糞しているところを飼い主が見て愛犬を怒ると
排便が悪いことなんだと間違った学習をして排便後に便を隠すため食糞をする
と言った悪循環に陥ることもあります。

普段食べているフードが原因の場合

消化しにくいフードを普段から食べていると、便の中に未消化のフードが含まれていて
その匂いで食糞をする事があります。
また、与える量が少なすぎると空腹から食糞をしてしまいます。

病気が原因の場合

おなかの中に寄生虫がいると食糞します。
またミネラル不足でも食糞をする事がありますが、この時は土を食べたりもします。

では犬に食糞を止めさせるにはどのような方法があるのでしょうか?

犬に食糞を止めさせるには!

犬に食糞を止めさせるには、まず食糞の原因の特定が必要です。
子犬時代の食糞は、ほとんどの場合は糞をしたらすぐに片づけていれば自然に治ります。
それも黙ってなにもなかったかのように片づけることが重要です。

逆にトイレできちんとできた場合は大げさに褒めてあげると、
排泄を飼い主にわざわざ教えてくれる子に成長することもあります。
サークルやケージで過ごす時間が少なくなって、
部屋でフリーになるだけで食糞のくせがなくなる子もいます。
それはサークルやケージのような狭いスペースではなくて行動範囲が広がる事で
自分の便が気にならなくなるからです。

フードが原因の場合は消化の良いフードに変えてあげましょう。
犬はたんぱく質の消化は得意なので、
たんぱく質がたくさん含まれたフードに変えるといいですね。
病気が原因の場合は獣医師に相談しましょう。

糞が苦くなるスプレーなども販売されているので、
それらを活用してみるのも一つの方法ですね。

食糞は犬の習性のなんだと思いながら
焦らず怒らず、褒めながらしつけをしてあげましょう。

【 特集 】 犬猫の口臭・食糞でお困りの飼い主様は必読!

犬用サプリ

犬猫の口臭、食糞の原因を徹底解説!直らないと諦めている飼い主様は是非チェックしてくださいね。口臭は腸内の環境が悪化している事が多いため、早めにケアをしてあげることで長生き・健康へ繋がります。

《 2018年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!


★最新情報を無料メルマガでお届け★
犬猫ケアの最新情報をお届けしております!是非ご登録くださいませ^-^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です