プレドニゾロン錠5mg – 犬猫への副作用と内服効果

[最終更新日]2018/06/04

プレドニゾロンは、犬や猫にも使用可能な「アレルギー・炎症、腫瘍など」に使われる内服薬の「ステロイド剤」です。

アレルギー性皮膚炎の緩和・解消が目的であれば、「アポキル錠」の選択や、腫瘍のケアであれば病理療法フードなどの選択肢もありますので解説をしていきます。

購入方法・価格

プレドニゾロン5mgの価格と最安値は?

プレドニゾロン5mgを購入する方法としては、
下記のお薬専門の通販サイトから購入が可能です。

《価格比較表》 ご案内価格
1本/60錠 1,898円~
2本/120錠 2,286円~
3本/180錠 3,104円~

犬のガン・腫瘍へプレドニゾロン錠を使う場合

ワンちゃんの腫瘍(がん)ケアにも、「プレドニゾロン錠」は処方されることが多いお薬です。

しかしながら、強い薬であるため多くのケースで副作用が報告されているのも実情です。

特に、腫瘍ガンの場合は、長期間の服用が必要な為、体を壊してしまうワンちゃんも少なくありません。

まずはがんの種類、進行具合から対処法を検討していきます。

犬のがんについて

生物は細胞でできています。この細胞は日々コピーされ、分裂(増殖)して生物の成長や代謝を成しています。

この細胞分裂は一定のルールに従って行われているのですが、よく、このルールを無視して増殖してしまう細胞が出現します。

このような細胞はすぐさま免疫機能によって他の細胞から攻撃を受けて排除されるのですが、何らかの理由によって残ってしまい、勢力を拡大してしまった細胞ががん細胞となります。

つまり、がん細胞とは他の細胞との関係を無視して無限に増殖し続ける細胞と言えます。この異常な細胞の塊が腫瘍です。

がん細胞は他の組織や臓器に浸潤して栄養を奪ったり機能不全に追い込んだりするので、がんは命を脅かす病気となるのです。

犬のがんに対する食事療法

がんは免疫力の低下により進行していくので、病理療法フードで免疫力を維持することも有効です。

重要になるのが日々の食事です。体調を崩し、薬を飲んでいる時も健康な時と同じ食事を与えていたりしませんか?人間の場合は、栄養面や食事の形状など工夫をし必要な栄養が取りやすい状態を作りますね。
僕たちも栄養を考えたご飯に変えてほしいです!病理療法フードだと体にストレスがかからないから出来ればお願いしたいです。

例えば、がん細胞も利用する「糖質」の摂取を控え、逆にがん細胞が利用しにくい「脂肪」の割合を増やしていきます。

特に青魚やくるみ、アマニ油や大豆に含まれるオメガ3脂肪酸は臨床栄養で「がんケア成分」と言われているほどがん対策としては有効な栄養素です。

このように、食事を変えるだけでもワンちゃんの体が楽になる事は覚えておいてあげてくださいね。

【犬の皮膚炎】プレドニゾロンとアポキル錠を比較

プレドニゾロンは古くからアレルギーや炎症、腫瘍を抑える薬として使われてきました。

特にアレルギー性皮膚病に対して使用されるケースが多いお薬です。

犬のアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎の緩和が目的であれば、アポキル錠がオススメです。

最大の違いは、ステロイドか、そうでないかです。

体への負担、副作用が気になる飼い主様は「アポキル錠」の選択も覚えておきましょう。

「アポキル錠」との具体的な違いを表にしましたのでチェックしていきましょう!

アポキル錠
016713_nexgard28
プレドニゾロン
有効成分 オクラシチニブマレイン コルチゾール
薬の形状 錠剤 錠剤
炎症・腫瘍 ×
アトピー性皮膚炎
アレルギー性皮膚炎
投薬回数 1日2回、最長14日間経口投与 数日間投与
効果スピード 普通 早い
ステロイド 非ステロイド ステロイド
価格/購入
犬のアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎の緩和が目的であれば、アポキル錠がオススメです。最大の違いは、ステロイドか、そうでないかです。体への負担、副作用が気になる飼い主様は「アポキル錠」の選択も覚えておきましょう。
僕たちの体に負担が掛からない非ステロイドだと嬉しいです。健康で長生きしたいから負担は最小限にしたいです。

プレドニゾロンを犬や猫に使用する利点は?

「ステロイド」の優れているところは、「即効性」でしょう。

犬や猫の場合、被毛に覆われています。

その為、外用薬を使って治療していくのは、飼い主さんにとっても大変な作業になります。

被毛をかき分けて、せっかく外用薬を塗っても、舐めてしまう場合もあります。

内服薬であるプレドニゾロンは塗布よりも使用しやすい薬であると言えます。

また、ステロイドは比較的安いお薬なので、長期的な治療を考えても使いやすいお薬になります。

愛犬や愛猫の健やかな生活の為に、上手にお薬を活用しましょう。

プレドニゾロンの効果は?

プレドニゾロンは炎症や免疫系を抑える働きがありますので、主にアレルギー治療の1つとして使用されることが多いです。

「喘息」・「湿疹」・「アトピー性皮膚炎」・「角膜炎」などが代表的なアレルギーで、これらの暖和を目的としているお薬です。

他にも「慢性副腎不全」・「関節リウマチ」・「膠原病」・「ネフローゼ症候群」などの炎症性疾患の改善に使用します。

プレドニゾロンの投与量は?

抗炎症作用の場合、体重1kgに対し0.5~1.0mgを投与します。

免疫抑制を期待するなら体重1kgに対し2.0~4.0mgを投与します。

腫瘍に対して用いる場合は体重1kgに対し1.0~2.0mgを投与します。

ただし、これはあくまで参考数値です。

プレドニゾロンはステロイド剤ですので様々な作用を持っていて、意図せずそちらの作用も示します。

痒みを止める目的で使用して効果は抜群ですが、痒みを止めるだけの薬ではなくカルシウム代謝に影響を与えたり神経に影響を与えたりと全身に効果を持っています。

一時的な使用量だけではなく年間でどれだけ投与していいかなど、総合的に考えて投与量を決める必要があるので、獣医師の指導の下で使用してください。

プレドニゾロンは、1錠は何mg?

「プレドニゾロン」は、1錠が「5mg」です。
5mg以下を与える場合は、錠剤カッターでカットしたり、乳鉢セットを使って粉状にして与えましょう。

プレドニゾロンの副作用は?

ステロイドは広範囲な作用を持っているので副作用が心配なお薬です。

しかし、副作用を怖がって使用を控えるのは賢い方法とは言えません。それだけ効果が期待できる薬だからです。

短期間使用における副作用としては嘔吐・下痢が挙げられます。また、免疫抑制作用を持っているので感染症にかかりやすくなる場合もあります。

長期間使用においては肝臓障害や副腎の機能低下などがあります。

副腎から出るホルモンを長期投与しているわけなので、体が「もう副腎皮質ホルモンは十分あるんだ」と勘違いし副腎のはたらきが低下していくというわけです。

よって、長期投与していた後に、急に投与をやめてしまうとアジソン病になってしまったり、場合によっては副腎不全など急性症状を呈すことがあるので注意が必要です。

ステロイド使用をやめる際には徐々に使用量を減らしていくという過程が大切になるのです。

正しい知識を持ち、正しく使用すればプレドニゾロンは怖いお薬ではありません。

愛犬や愛猫の症状や体調を見ながら、獣医と相談し、使用方法や使用量を調節し服用させていれば問題はないでしょう。

不安なことがあれば獣医に相談し、上手にお薬と付き合っていきましょう。

プレドニゾロン5mgの価格と最安値は?

プレドニゾロン5mgを購入する方法としては、
下記のお薬専門の通販サイトから購入が可能です。

《価格比較表》 ご案内価格
1本/60錠 1,898円~
2本/120錠 2,286円~
3本/180錠 3,104円~

アトピー性皮膚炎の緩和・解消が目的であれば、「アポキル錠」もおススメです。
アポキル錠は非ステロイド薬のため、安全性・副作用の面でも急速に人気が高まっています。

《価格比較表》 参考価格 案内価格
1錠当たり 400円~ 150円~
1ケース:20錠 8000円~ 3638円~
3ケース:60錠 24000円~ 9040円~
Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 1 reviews
by だーこ on プレドニゾロン錠

10才の柴犬を飼っていますが、腫瘍ケアの為にプレドニゾロンを使っています。プレドニゾロンは長い期間使用しなくてはならない為、費用面での心配がありましたが、通販で安く変えているため本当に助かっています。

《 2018年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!