プレドニゾロン錠5mg – 犬猫への副作用と内服効果

929e7ba36aa3155e5b28a48b6f7ecfed-large
この商品は【19 分前】にご注文がありました!

「プレドニゾロン」は、犬や猫にも使用可能な「アレルギー」に使われる内服薬の「ステロイド剤」です。

購入方法・価格

プレドニゾロンを犬や猫に使用する利点は?

「ステロイド」の優れているところは、「即効性」でしょう。
そして、安価であるとこではないでしょうか。

犬や猫の場合、被毛に覆われています。
その為、外用薬を使って治療していくのは、飼い主さんにとっても大変な作業になります。
被毛をかき分けて、せっかく外用薬を塗っても、舐めてしまう場合もあります。

そこで内服薬である「プレドニゾロン」は、長期的な治療を考えても使いやすいお薬になります。

愛犬や愛猫の健やかな生活の為に、上手にお薬を活用しましょう。

プレドニゾロンの効果は?

「プレドニゾロン」は、炎症や免疫系を抑える働きがあります。
「慢性副腎不全」・「関節リウマチ」・「膠原病」・「ネフローゼ症候群」などの炎症性疾患の改善に使用します。
「喘息」・「湿疹」・「アトピー性皮膚炎」・「角膜炎」などの「アレルギー」の暖和を目的としているお薬です。

プレドニゾロンの投与量は?

最初に体重1キロあたり、「プレドニゾロン」を「0.3mg」毎日数日間投与します。
かゆみが安定していれば、体重1キロあたり、「プレドニゾロン」を「0.2mg」に減量していきます。
「アレルギー」の症状が安定していれば、さらに減量を進めます。

多剤併用療法の場合、体重1キロあたり、「プレドニゾロン」を「0.1mg」以下に減量することが可能です。
「プレドニゾロン」は使用を、完全に中止出来ることもあります。

プレドニゾロンは、1錠は何mg?

「プレドニゾロン」は、1錠が「5mg」です。
5mg以下を与える場合は、錠剤カッターでカットしたり、乳鉢セットを使って粉状にして与えましょう。

プレドニゾロンの副作用は?

体重1キロあたり、「プレドニゾロン」を「0.1mg」まで減量できると、長期的に投与しても大きな「副作用」の心配はないとされています。

症状によっては、服用が大量になってしまい「副作用」が現れる場合もあります。
「副作用」の症状としては、「下痢」・「嘔吐」・「感染症」などがあります。

正しい知識を持ち、正しく使用すれば、「プレドニゾロン」は怖いお薬ではありません。
愛犬や愛猫の症状や体調を見ながら、獣医と相談し、使用方法や使用量を調節し服用させていれば問題はないでしょう。
不安なことがあれば獣医に相談し、上手にお薬と付き合っていきましょう。

プレドニゾロン5mgの価格と最安値は?

プレドニゾロン5mgを購入する方法としては、
下記のお薬専門の通販サイトから購入が可能です。

《価格比較表》 ご案内価格
1本 2368円~
3本 5151円~


⇒プレドニゾロン5mgの詳細・ご購入方法

《 2017年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!


★最新情報を無料メルマガでお届け★
犬猫ケアの最新情報をお届けしております!是非ご登録くださいませ^-^