犬猫のアジソン病 – 薬代、治療費の費用を抑えるには?

[最終更新日]2017/07/18

アジソン病は一度かかると完治が難しい非常に厄介な病気の一つです。
症状を察知したらスグに治療を始める事が重要となります。

アジソン病の主な症状

アジソン病の症状として一番多いのは、嗜眠(しみん)と呼ばれる症状で、意識障害(意識混濁)を起こしてしまう症状です。

次いで、食欲不振や嘔吐、衰弱が多く、半数以上のケースでは、下痢や体重の減少も症状として報告されています。

アジソン病は原因の特定も難しく、突然発症するケースも少なくない為、
日頃からのスキンシップにより早期発見をする事が大切です。

アジソン病の原因

日常のストレスからも発症すると言われていますが、
大きな原因は2つあるとされています。

1つは、副腎の変性
手術などで摘出、出血、腫瘍などで副腎から
分泌するホルモンの量が減ることで発症するケース。

2つ目は、投藥の副作用
ステロイドなど、副腎皮質ホルモンと同じ作用をする薬の
投与を止めると発症することがあります。
副腎皮質の機能を弱める治療薬を
投与しても発症すると言われています。

アジソン病を発症する犬は、
メスが多く、全体の80%は雌に起きています。

犬の場合は種類によっても
発症する確率が異なると言われています。

グレートデン、ロットワイラー、ポーチュギーズウォータードッグ、
スタンダードプードル、ウェストハイランドホワイトテリア、
ソフトコーテドウィートンテリアなどにやや多いといわれています。

アジソン病の薬代、治療費

急性のアジソン病(副腎クリーゼ)の場合は、
すぐに病院へ連れて行き入院治療が必要となります。

徐々に症状が進行していく、慢性型の場合は
不足している副腎皮質ホルモンを毎日補うように
薬での治療を行う形が最も多い治療法です。

日本では一般的には治療費は1日500円~1000円が
相場となり、1ヶ月の薬代としては15000円から30000円
程度が必要となるとされています。

アジソン病の治療費を安く抑えるには?

アジソン病は生涯にわたって治療を
しなくてはならない非常に重い病です。

日本では薬代が非常に高く、
費用面から治療を断念してしまう飼い主様も
少なくありません。

しかしながら、世界に目を向けてみると
日本の治療費が高い事に気づかれると思います。

アジソン病は勿論、世界各国の犬猫にも
起きている病気です。
犬猫の薬に関して言えば、日本よりも
海外の方が開発が進んでおり、
海外から薬を通販する事で1/10程度まで
費用を抑えることが可能となっています。

勿論、日本での治療と同じ製品を
購入することが出来るので安心して
治療をする事が出来ます。

フロリネフ(アジソン病の薬)価格と最安値は?

フロリネフ(アジソン病の薬)を購入する方法としては、
下記のお薬専門の通販サイトから購入が可能です。

フロリネフは1日1~4錠の投薬を目安に使用し、
1本100錠入りで3500円以下にて購入が可能です。


⇒フロリネフの詳細へ

参考:フロリネフ錠 通販

【 おススメ! 話題のトピックス!】

【 特集 】 犬猫の食糞・臭い・口臭でお困りの飼い主様は必読!

犬用サプリ

犬猫の食糞・臭い・口臭、直らないと諦めている飼い主様は是非チェックしてくださいね。腸内の環境が悪化している事が多いため、早めにケアをしてあげることで長生き・健康へ繋がります。

《 2018年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!


★最新情報を無料メルマガでお届け★
犬猫ケアの最新情報をお届けしております!是非ご登録くださいませ^-^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です