ドロンタール ジェネリック 猫・犬への効果と副作用、通販を調査!

[最終更新日]2018/11/20[公開日]2018/05/08

温かくなると、外部寄生虫のノミやマダニを気にしてスポットタイプのお薬を使用する方は多いと思いますが、お腹の中に寄生する内部寄生虫の対策はどうしていますか?

今回は、猫の内部寄生虫に効果があるドロンタール、犬へも使用できるドロンタールプラスについてお話します。

気になる効果や副作用、ジェネリック製品についても記載しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドロンタールの最安値価格と通販

《価格比較表》 ご案内価格
ドロンタールの価格 24錠/4,730円~
(送料無料)
《価格比較表》 ご案内価格
ドロンタールジェネリック 20錠/1,953円~
(送料無料)
《価格比較表》 ご案内価格
ドロンタールプラス 20錠/3,565円~
(送料無料)

まずはドロンタールの解説から

ドロンタールは、バイエル社がドイツで生産している猫用に開発した猫用内部寄生虫の駆虫に使われるお薬です。

4週令以上から使用できるお薬で、体重は500g以上から使われます。

猫は犬とは違って個体や種類によって体重差があまりありませんので、展開しているお薬の種類は1種類で、体重ごとに何錠与えればよいかの記載があります。

ドロンタールは錠剤タイプのお薬で、錠剤を半分に割れるように溝がついています。

猫の体重による与える錠剤の数は以下の通りです。

0.5㎏以上2.0㎏未満:1/2錠
2.0㎏以上4.0㎏未満:1錠
4.0㎏以上6.0㎏未満:1錠と1/2錠
6.0㎏以上8.0㎏未満:2錠

体重によって有効成分が十分に効き目を発揮する錠剤の数が決まっていますので、与える際には体重測定を忘れないようにしてくださいね。

月に1回飲ませるという訳ではなく、通常は1回飲ませれば駆虫は完了です。

猫の体の中にいる内部寄生虫はこのドロンタールで駆虫できますが、再び猫の口から内部寄生虫が入り込んできて寄生された場合はまた駆虫薬が必要です。

ドロンタールの有効成分量では効果が足りない内部寄生虫もいますので、どんな虫が猫に住み着いてしまっているのかを事前に動物病院で検査するのも必要ですね。

猫への内部寄生虫はどこにでも潜んでいて、機会があれば猫に寄生してやろうと狙っているものです。

お家の中でしか飼われていない猫ならお家の中を綺麗に掃除して糞に付着した寄生虫の卵などを駆除できますが、お外を散歩する猫では、完全に寄生虫からは守れません。

猫に寄生虫が潜んでいるかどうかを調べるためには、糞便検査が一番簡単で適しています。

動物病院で糞便検査を行って、寄生虫がいるかどうかを確かめる事もできますよ。

ドロンタールの有効成分と効果を解説

ドロンタールの有効成分は2つあります。

その有効成分は、「プラジクアンテル」と「パモ酸ピランテル」です。

ドロンタール1錠には、プラジクアンテルが20㎎、パモ酸ピランテルが230㎎含まれています。

体重1㎏あたりプラジクアンテル5㎎、パモ酸ピランテルが57.5㎎を基準量として与える錠剤の数が決められています。

ざっとですが、体重4㎏あたり1錠を与える計算になりますね。

1つめの有効成分であるプラジクアンテルは、条虫や吸虫の駆虫に効果を発揮します。

フィラリアの薬で使用される有効成分のイベルメクチンなどは、条虫や吸虫には存在しない発達した神経系のGABAに効果を示すので、このプラジクアンテルは条虫や吸虫には非常に有効です。

プラジクアンテルは、条虫や吸虫の外皮を破壊する作用を持ち、内容物を体外へと出させる働きから無機イオンの能動的移動を阻害させて駆虫を行います。

プラジクアンテルの量で駆虫できる条虫や吸虫は異なっていて、ドロンタールに入っている有効成分量で駆虫できるのは、瓜実条虫、猫条虫です。

2つ目の有効成分であるパモ酸ピランテルは、線虫駆虫に効果を発揮します。

パモ酸ピランテルが脱分極性神経系遮断作用によって、線虫の動きを麻痺させて死滅させます。

ドロンタールに含まれるパモ酸ピランテルの有効成分量で駆虫できるのは、猫回虫、猫鉤虫です。

成虫だけでなく、産卵前の未熟な寄生虫に対しても効果がある、とても画期的な内部駆虫薬です。

ドロンタールの副作用を解説

薬にはどんなものにも副作用が存在します。

では、ドロンタールの副作用にはどんなものが存在するのでしょうか。

ドロンタールの副作用として一般的に挙げられているのは、よだれを垂らす(流涎)、頭痛、食欲不振、下痢・嘔吐です。

まれにですが、痙攣をおこすこともありますし、心臓や肝臓にもともと疾患がある猫では症状を悪化させてしまう場合もあります。

また、アナフィラキシーショック症状を起こしての死亡例もあります。

内部寄生虫が大量に体内に寄生していた場合、駆虫薬を使用することで大量に虫が死に、腸管の中で詰まってしまう腸閉塞という病気になってしまう事もあります。

ドロンタールの有効成分は24時間で猫の体内から消えるものですので、服用後24時間経過しても下痢や嘔吐などの症状が現れた場合は、ドロンタールではない別の疾患が猫に存在している可能性もあります。

ドロンタールを服用して、猫にいつもと違う症状が現れた場合はすぐに動物病院に相談に行ってください。

午後にお薬を飲ませてから様態が急変してしまうと、夜中に動物病院へ駆けつけるのは難しいと思いますので、できればドロンタールを初めて服用される場合は、午前中に服用し、何かあった場合は動物病院に駆けつける事ができるような時間にしてあげたいですね。

ドロンタールを与える際の注意事項としては、妊娠期間中の猫には与えない事とあります。

動物病院の処方箋がないと買えないものですので、一般的にホームセンターで販売されているものとは有効成分が異なっています。

《価格比較表》 ご案内価格
ドロンタールの価格 24錠/4,730円~
(送料無料)
《価格比較表》 ご案内価格
ドロンタールジェネリック 20錠/1,953円~
(送料無料)
《価格比較表》 ご案内価格
ドロンタールプラス 20錠/3,565円~
(送料無料)

《 2018年 》ノミマダニ・フィラリア予防薬 人気ランキング!

この記事は、ノミダニグッバイ編集部が作成を致しました。パート獣医師・愛玩動物飼養管理士(1級)・犬猫のペットオーナーの監修の元、記事制作を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です